愛教大・数学・飯島研究室 > GC Forum

GC Wiki


はじめに

  • このWikiは, もともと iijima.auemath.aichi-edu.ac.jp/GCWiki に保存してあったWikiです。
  • サーバがハッカー被害を受けたことに伴って,php5に変える等の必要性がでてきました。
  • そのため, これまで開発・使用してきたプラグインが動作しなくなりました。
  • その復旧には時間がかかると思われるので, 「図が表示されない」など, さまざまな問題点があるのですが, 「暫定的な資料」として利用可能にしておく方がいいと思い,ここに掲載しています。
  • 本文等も編集不可能になっているままですが, よろしくお願いいたします。

なお, 学内の方は, 暫定的に, 動作するものを, 下記に保存しております。(学内のみアクセス可能)

http://133.96.66.55/p4/GCWiki


GC(Geometric Constructor)に関するWikiです。
GC Forum での内容の補完・準備等をここで行います。
現在,科研費特定領域研究(2003-2007/3)の成果や,その後の科研費基盤研究(2008-2011/3, 2011-2014/3)の成果をここで生成しようと, 日々いろいろな形で更新しているところです。
ご意見やお問い合わせは, yiijima@auecc.aichi-edu.ac.jp までお願いいたします。

なお, Wikiではありますが, 通常のアクセスでは改変等ができないように改変いたしました(2010/4/10)。お気づきのことがありましたら, 飯島までご連絡ください。

先日セキュリティを高くしすぎて, ダウンロードができない状況になりました。 
5/7現在,解消したはずですが,もしかするといくつかのファイルに関して
うまくいかない可能性があります。
お気づきの点がありましたら, ご指摘いただけますと幸いです。
Counter: 1, today: 1, yesterday: 0

最新情報

  • 2012/03/13 : 佐屋中学校にて(竹中先生と後藤先生のTT)(iPad)
  • 2012/02/21 : GC活用研究会(附属名古屋中学校にて,長谷川先生, 4,5限:授業(12:30 - ), 6限:協議会):詳しくは下記をごらんください, 問い合わせは yiijima@auecc.aichi-edu.ac.jp まで

    #gc(GC研究会(20120221)案内2.pdf);

  • 2012/02/14 : 附属名古屋中学校にて長谷川先生の予備実践(iPad)
  • 2012/02/08 : 附属岡崎中学校にて小笠原先生の研究授業(iPad)
  • 2012/02/06 : 川崎市立玉川中学校にて地曳先生の研究授業(iPad)
  • 2011/12/06 : 愛西市立佐屋中学校にて後藤先生の研究授業(iPad)
  • 2011/11/22 : 静岡市立竜爪中学校にて武藤先生の研究授業(iPad)
  • 2011/10/22 : 御津中学校にて鈴木先生 + 岩泉先生の公開授業(iPad)
  • 2011/10/7 :本学附属名古屋中学校にて公開研究会があり, 鈴木先生がiPadを使った実践を行います。
  • 2011/01/27 : 本学附属名古屋中学校にてGC活用研究会を実施します。
  • 2010/12/27 : GC/html5用のデータをアップロードできるようにしました。
  • 2010/08/26 : GC/html5 のビューア機能がある程度実装できました。
  • 2009/09/09 : Windows 7 (32ビット版)での動作を確認しました。
  • 2009/05 : 作図の手引きを順次充実させています。
  • 2008/10/13 Vista にインストールしたときに生じる問題 : Vista_GCファイル保存の仮想ファイル化現象

GC/html5

GC/Win 最新版

gcwin 2.0.9(2011/6/13)

#gc(gcwin209.exe);

  • GC/html5用にデータを保存する際,いくつかの距離や角の測定に関して,適切に表示されない問題点がありました。
  • 原因は, たとえば, ∠(AB,CD)のように, 表示上で「,」を使用する場合の問題点でした。
  • いずれは, データをXML化することで根本的に対処しようと思っていますが,GC4形式での保存が支障なく表示されるようにするために, GC/Win での表示を, ∠(AB;CD)のように変えました。
gcwin 2.0.8(2011/6/4)

#gc(gcwin208.exe);

  • これまで添付していたサンプル

    #gc(sample_original.zip);

  • 久しぶりの修正
    • 気がついたら, 2.0.6 のコードしかなかったので, 多分2.0.7 で直したのではないかと思う部分を修正し, さらに, 次のところを修正
  • F9 キーを押したとき(軌跡をonにしたとき)に, その時点の軌跡を残すように修正
    • 条件を満たす点の集合を調べながらプロットしたいようなときに, F9を2回ずつ押しながら作業をしていくのに便利, になったはず。
    • まだ, 多少不満は残っている。
  • データの保存場所のデフォルトを変えるようにしたい。
    • Vista以降, 見た目は, データの保存が Program Files\GCWin\sample.gc4 になされているようでいて,実際には違う場所に保存されているため, エクスプローラでデータを探すときに支障が起こるということがあった。
    • 現在の案としては, 次の通り
      • インストーラから, sample.gc4 以下のサンプルデータを削除する
      • サンプルファイルは別の形で提供し, 基本は, マイドキュメント等に保存するようにする。
      • XP では, これまで通りの場所を参照することを基本とし, Vista, 7 などでは, 「ユーザ」を参照することを基本とし, それ以降アクセスしたフォルダを使うことにする。
  • 軌跡onにしたときに, 当該フォルダあるいはファイルが書き込み禁止等でエラーが発生するのを処理するようにした。
Vista でのエラー
  • 学生のVistaマシンで, Ctrl + T を繰り返すとエラーが発生。(私のVistaマシンでは発生していない) 表示メニューを減らすべきか。
    • Vista でも,画面表示をWindowsクラシックにすると問題はないが, windowのフチが大きくなると表示領域がなくなってしまって, エラーが発生する。
gcwin 2.0.7 (2008/9/26)
  • ver.1.12以降のGC/Win を Vista環境で実行すると, 「エラー 75」が発生していたことが分かりました。(管理者権限で実行すると発生しませんが)
  • これは, ver.1.12段階でデバッグのためにテストファイルを生成・保存したことに起因することがわかり, その部分を削除することによって, 上記のトラブルを解消することができました。

&gc(gcwin207.exe);

GC/Win のインストーラ; &gc(GCWin207.msi);

gcwin 2.0.6 (2008/9/19)
  • 前回の 2.0.5 での autoredraw の対処が不完全であることが分かったので,修正しました。
  • たとえば, 角など数値の描画において, 「角ができないから測定できない」というような場合,その前の値がそのまま表示されていることが分かりました。
  • そこで, そういう時には, 測定値として「×」を表示するように修正しました。

&gc(gcwin206.exe);

gcwin 2.0.5 (2008/9/17)

ver.2.0.* で, autoredrawをfalse にしたのですが, やはり使い勝手が悪いので, true にしてみました。FMV-830MG/Sでは, RGB出力をonにすると, 画面の一部に描画されないことがあるというトラブルが発生するのですが, 2.0.5 では, そういう現象は起こっていないようにも思います。
本当にトラブルが解消されたのかどうか, ちょっとわからないのですが, 暫定的には, 問題ないかなと感じています。

&gc(gcwin205.exe);

gcwin 2.0.4

正12面体の展開図を作ろうと思ったらエラーが発生しました。また, 四角中点の図を一つの画面の中で何個も「追加」して併置しようとしたらエラーが発生しました。必要に応じて点などの個数を自動的に増加させているはずなのですが, どうもすべてのオブジェクトに対してそれがきちんと機能しているわけではなさそうです。そこで, 対症療法的ではありますが, これまでの「50」という初期値を「200」に変更してみました。

&gc(gcwin204.exe);

gcwin 2.0.3
  • 以前からの懸案であった, 「プロジェクタ使用時に,一部が欠ける」現象を解消しました。
    • どうも, 原因としては, AutoRedrawをtrueにしていると, 大きな画面では, Clsと再描画を実施したときに, 消す動作の方がタイミングとして遅くなってしまうのか? 幅が一定の部分から先が消されてしまっています。
    • そこで, 今回は, AotoRedrawをfalse にしてみました。
    • 副作用の可能性もあるので, 少し様子をみようと思っています。 &gc(gcwin203.exe);
      gcwin 2.0.2
      
  • イベント編集時のメッセージ入力の不具合を修正
  • オプション(線の太さ)等の数値入力の不具合を修正
  • 起動時に, 「パスが見つかりません」というエラーが起こる機器があることを確認。対処したいと思っている。(上原さんに指摘されたのと同じ現象ではないかと思う。)
  • プロジェクタ投影時に, 画面の一部が表示されないことがあるエラーに関しては, 今だ原因も対処の方法も明確ではない。
  • ある学生のVistaの機器でインストール/動作等が行えないことを確認。VB6をインストールしてみたが, VB6自体も動かない。他のVista機では経験していないエラー。対処の方法明確にならず。

gcwin 2.0.1(2007/12/2)

&gc(gcwin201.exe);

  • イベント機能/「外部ファイルで起動ファイルを指定」機能のバグ修正
  • イベント機能/「外部ファイルを開く」で,パス指定があればそれを, なければデータのパスを利用に修正
    gcwin 2.0.0(2007/12/1)
    
    &gc(gcwin200.exe);
  • イベント機能に関して
    • 軌跡on → ステータスバーの「イベント」をonにすると起動可能
    • 点の編集 → 上記のイベントがonのときのみ編集可能
    • 編集機能を向上(コマンドは選択できる。)
  • メニューに関して
    • 簡易メニューの削除(すでに実施済ではあるが)
  • ファイル保存
    • イベント機能を使うものは, 拡張子を gc5 を基本とする。
    • 今後, GC/Java非対応のものを gc5 にする予定
    • なお, 現状では, 拡張子を変えれば, そのまま読みこむことは可能
gcwin 1.12.1 の問題点
  • 作図のときにもダブルクリックをすると点を打つことになってしまい, マウスによる作図に支障が出る。
  • ダブルクリックでイベントを発生させたくないときでも軌跡がonになっていると発生してしまう。
  • イベントを仕込んだファイルを以前の版で開くとデータがそのまま見えてしまう
    gcwin 1.12.1(2007/11/23)
    
  • イベント機能を追加しました。
  • イベント機能-例で印象をお分かりいただけるかと思います。
  • 文書作成・参照機能を追加しました。
  • 軌跡オン時にダブルクリックで点を記録を実装しました。
  • タブレットPC等に対処しきれていなかったもの(線の太さの設定 / 測定値の表示桁数の設定)を, ペン入力可能に対処しました。
  • Easy メニュー機能を削除しました。(これは, すでにメニューに実装可能な項目が上限になってしまったために行ないました。実際,Easyメニューはほとんど使わずにすんでいますからあまり実質的な支障はないと思います。)
  • 点の変形のオプション設定を最大100ドットにしました。
  • 久しぶりの機能追加です。12/11の名中での岩田実践の議論を元に,上記のような特徴を追加しました。
  • minorバージョンの数が12とみっともなくなってきたことに加えて, GC/Javaとの機能を違いが目立ってきましたから, この版の機能が確定したら, majorバージョンを変えて, 2.0.0 にしようかと思っています。
  • 当初の予定では, ver.2 にするときには, データが互換でなくなることを想定していましたが, 現時点では, 「ほぼ」互換(完全ではない)で読み込むことはできると思います。
    
    &gc(gcwin1C1.exe);
    
    
    gcwin 1.11.0(2007/01/09)
    
    &gc(gcwin1B0.exe);
  • 同じ日にあまり時間をおかずに機能を追加するのもなんですが...。
  • 軌跡の自動描画機能を実装しました。
gcwin 1.10.1(2007/01/09)

&gc(gcwin1A1.exe);

 gcwin 1.9.7

&gc(gcwin197.exe);

  • タブレットPC / インターラクティブユニット 用に, 次の機能を追加しました。
    • ステータスバーに, 「軌消」のアイコンを表示 : クリックすると軌跡を消す
    • ステータスバーに, 「細」というアイコン。 : GC/Javaと同様に, これをクリックすることで, 「細」→「中」→「太」→「細」..とサイクル化し, 線の太さと字の大きさが変わる。
    • ステータスバーに, 「→線/円」のアイコンを表示 : クリックすると, shiftキーを押しているのと同等の機能となり, 近くの線または円に射影する。
    • さらに, このアイコンをダブルクリックすると, 「→線/円」→「→線」→「線格子点」のサイクルになる。
    • 「3」角形の入力など, 数値入力をクリックで行えるようにした。
    • 作図に関する「Redo」と「Undo」のアイコンを追加した。

gcwin 1.9.6

&gc(gcwin196.exe);

  • 変数による軌跡の描画において, 3D用のデータを生成(GCファイル名_3D.csvファイル)
  • Graph-R を利用する

特徴
コンテンツ
リソース
事例
PukiWiki-GC


添付ファイル: filesample_original.zip [詳細] filegcwin208.exe [詳細] filegcwin209.exe [詳細] filegcwin205.exe [詳細] filegcwin206.exe [詳細] filegcwin207.exe [詳細] filegcwin203.exe [詳細] filegcwin204.exe [詳細] filegcwin201.exe [詳細] filegcwin1C1.exe [詳細] filegcwin200.exe [詳細] filegcwin1B0.exe [詳細] filegcwin1A1.exe [詳細] filegcwin197.exe [詳細] fileGC研究会(20120221)案内2.pdf [詳細] filegcwin195.exe [詳細] filegcwin196.exe [詳細] fileGCWin207.msi [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-11-07 (水) 18:25:51 (1781d)